準キー局を甘く見ない

準キー局を甘く見ない

大阪の放送局は「準キー局」と呼ばれます。

放送エリアが関西広域圏(関西以外では福井県嶺南地方・徳島県・香川県東部も視聴エリアとなります)とかなり広い視聴エリアとなっています。

採用・インターンはキー局が終わった頃から開始となります(本採用で一部キー局本採用と選考期間が被る場合もありますが)。

関東の学生さんからは「準キー局って通過は簡単なんでしょ?」と考える人多そうですが、在京放送局(含むNHK)勤務の現役アナウンサーで準キーESだめだった人もいるとかいないとか。

キー局内定したけど、準キー局に入社された方も何人かいらっしゃるようです。

そんな状況なので、準キー局のES通過は結構難しいと考えておいた方が良さそうです。

(1)キー局ES不通過の写真でトライしてみるのはどうなのか?

基本難しいと思います。

インターンを実施しないテレビ大阪は除いて、関西テレビは選考終わりしたがこれから締め切りを迎える

読売テレビ

毎日放送

朝日放送

といずれも通過は難関な放送局です。キー局のみ受けるという人が抜けても、そんな簡単ではないです。

(2)キー局とインターンでの違い

毎日放送は例年質問が個性的です。他、キー局と違って「厳しく指導してもらった」という声も良く聞きます。毎日放送のインターン参加の方は「良い経験になりました」と伺うこと多いです。

(3)動画が大切

準キーは動画が大切との声が聞こえてきます。先日開催された関西テレビは動画のみという選考でした。

読売テレビは100MBまでとサイズ制限が緩いので、高画質で提出しましょう(ただし、1280pまで。フレームレートは30fpsが良いです)。

準キーだからと甘く見ていると・・・にならないよう、準備は万全でお願いします。

photo-ecru公式インスタグラム
photo-ecru公式インスタグラム
@settefotogallaria

Follow me!